6月

人と比べると一発で不幸になるとはよく言ったもので。同僚が知らぬところで国際学会に提出し審査を通過したと聞くと、普段の私の日々は何だったのであろうと思ってしまう。そこから考える。

情けなくなるほど落ち着きがない。自信がなくそわそわしている。何をすべきか分からない、やるべきことが終わっているのか分からない。右往左往にエネルギーを持っていかれてくらびれて現実逃避にエネルギーを使い始める。エネルギータンクが空になるころに時間制限が来て漏れや抜けが次々と見つかる。

ADHDだなと思う。今更。周囲にADHDが多いなとは思うけど。それで一極集中で特定の分野で高得点をたたき出していた彼らは、ほかのことを削ぎ落した結果なんだろうか。

あの先輩は国際学会に毎年提出して毎年国際学会に行っていた。その経験は蓄積されてくるし得難いものとなる。例えば俺は留学に行った。だから俺がご立派な人間かと言われたら別にそういうわけではない。数か月の留学がどの程度影響しているのかと言われると定量化はできない。でもあれがなければ就職先も違っていただろうし、英語を話すときの心持は違ったし、ふとした話でああだから英語そんなにしゃべれるのねという会話にはならない。経験は静かにしかし確実に降り積もるものだ。経験に限らず現実は、というべきな気がするが。

やったことは必ず雪の用に降り積もる。

やったことと同じぐらい、やらなかったことを誇りに思いたいというフレーズを聞いて、救われる気持ちもあるし、はっとすることもある。余計なこと、無駄を削ぐというのはすべきことをするのと同じぐらい大切なことだ。余計なことをしていたと気が付くのはデッドラインが来て時だ。一番最初の話に戻る。締め切りがきたときに、あれ?一番欲しいものを手に入れる行動をなんにもとってなかったぞ??もう時間締め切りだぞ??あれ??なんでこうなってるの?何してたの?となる。アホにもほどがあると思うけど死ぬ予定を知らされたときに多くの人が感じるのはそれだ。だから死にたくないとなるのだ。やりたいことが終わってなくてまだ時間が足りないのではない、なんかよく分かんないけどまだやらなくちゃいけないことが終わってないような気がするから死んじゃ困る気がするから死にたくないのだ。浅はかにもほどがある、そんな人間にロスタイムを与える必要はない。

そんな愛おしく可愛い人を慰めるものはたくさんあるから、一時的に動揺しても結果は大丈夫だ。哀れで愚かな人間。なんて愛おしい生き物。慰めと許しはきっと得られる。でも情けなさすぎる。よしよししてもらう前にやってみたいプライドは幾つかあったはずだ。そして幾つかを果たした人間にだけ見える次の課題があるのだ。行ったことのある人間しか見えない景色がある。外に出ないと棒に当たらない。勘違いしてくれるな。きれいな景色が見たいのではない。周りが綺麗と言っていても綺麗と思えないことの方が多い。本当に綺麗なものは毎日見ていたものだと回帰してしまう。世の中が進めば進むほどレベルアップしていくものではないことは分かっている。羨んでいるものになれたとしても、数か月後には文句を言って死にたくなるのは目に見えている。ただ、外に出た人間にだけ元居た場所が家だったとわかるのだ。離れた人間にだけさっきまでいた場所が好きだったか嫌いだったかわかる。移動した人間だけがそこが自分が好きなのか嫌いなのかが分かる。旅行に行ってわかるのは旅行先の好き嫌いと自宅の好き嫌いだ。

大切なものの本当の大切さは確かに無くして初めてわかるのかもしれない。いつかは無くすのかもしれない。でもその日を一日でも遅らせるように、もう馬鹿で愚かなのは諦めているから、せめてもう一日でもお利口さんでいられるように自省したいのだ。

なくなってからオナニーの様に感謝して謝罪する分を少しでも少なく、直接伝わる間に思い出しては忘れ、忘れては思い出して。

5月

結局LUSHは買ってみた。みつばちマーチは香りがきつくて好みではない。面白いけどリピートはしない。アルマゲリンというのが昔からあっていいものだそうだが、試してみようか。とりあえずはイソップのゼラニウムのにおいのやつを使い切った時に考える。

ディプティックのアロマキャンドルはいま1/5ぐらいまで使った。そう考えると2-3か月で使い切ることになる。小さいサイズだし十分だと思う。キャンドルマイブームもどこまで続くかわからない。次のやつはプライシズのものを買ってみた。雑誌で昔からあるものとされていた。

香水はイソップのロールオンのものが面白くて使っている。いい匂いで使いやすいのだが、自分はすぐにそのにおいに慣れてしまう。

「自分の影響の輪の中で生きてみる」

4月

今の人と付き合ってそろそろ半年になる。早いなあと思う。

ラブホの上野さんという人がいて、おそらく世代は近い。彼はツイッターで自分の考えを述べたり、人の人生相談に答えたりしている。自分は彼の考え方に共感することが多い。

彼の考えを読むことで、自分の考えが整理される、自分がどう考えていたのかが言語化される印象がある。「人は目の前に完成品を出されるまで、自分が何が欲しいのかわからない」。「もし私が何が欲しいのかと顧客に訪ねていたら、もっと速い馬が欲しいと答えただろう。」

ずっと気になっていた赤ワインの香りのルームフレグランスは割とすぐに飽きてしまって、トイレの高級な芳香剤にクラスチェンジした。代わりに最近ヒュッゲでよくとりあげられているキャンドルを買おうと、ディプティックのアロマキャンドルを購入してみた。意外と長いことつかえるので驚いている。ボディソープをイソップを購入してみた。今風呂場には無印の泡ボトルに入ったシャンプーとイソップのボディソープしかない。これが終わったらLUSHを買う予定だ。

 

3月

冷蔵庫には豚バラ肉が3枚あった。この前のお好み焼きを作ってもらった余りだ。ゆでたブロッコリーがあった。ブロッコリーと何かを合わせて食べた記憶があるけど思い出せない。もやしと豚バラを重ねて電子レンジでおいしいメニューがあった。ブロッコリーに豚バラ肉を並べて、ガーリックソルトをかけて電子レンジで3分。お店と同じような味にしようと思ったら、味付けはしっかりしないといけないんだと友人がこのキッチンで行っていたのを思い出す。取り出すとまだ豚肉は赤い。ポン酢をかける。賞味期限が切れていたので捨てる。家からまたひとつものが減ったなと思う。ブロッコリーと豚肉を並び替えてもう一度電子レンジで2分。ガーリックソルトを足す。冷蔵庫の中には使いかけのチーズを見つけた。チーズは好きだ。おいしくなる。お店でチーズを足そうと思うといちいちお金がかかる。レンジでチンした玄米パックご飯。おいしいけど白米と玄米は違う食べ物だなと思う。実家から贈られてきたレトルトのミネストローネはおいしい。スターバックスのマグカップは容量が大きいからスープを食べるのにも使ってしまう。でも柄が多いのと中身が青色で、なにを飲んでいるのかわかりにくい。おいしい晩御飯。ブロッコリーの茎の部分はそれでも固い。どうしたらいいのやら、と思いつつ家に豚バラ肉は安定してあってもいいなと思う。

2月

何気ない日常を共にしてくれることは幸福なことだろう。

ふとした瞬間に、どんな形であれあなたとまだ連絡をとることができる今を幸運に思う。この瞬間がくるのであれば他はどうにでもなろうという気持ちになるときもある。たとえ多くの時間が楽しくなくても。

多くの時間が楽しくないのであれば、他のものを探す方がよいのだろうか。なにか解決しなければならない重要な課題がそこにあると思うから、心が離れ切らない。でもそれは部屋のいつまでも手を付けないもののようで。断捨離しなければならないものだろうか。

1月

年が明けた。

引っ越して一か月。家具らしい家具は結局机とベッドだけか。家電が多いんだろうか。なんとなく雑然としている気がして、物の数を減らしたいと思っている。放っておけば、ものは増えていくのだなとよく分かる。

部屋が寒い。エアコンしか暖房器具がない。部屋が乾燥しているとよくないとのことで加湿器を購入した。それまではフライパンでお湯を沸かしていた。わかったことは、フライパンの過熱による加湿はスピードとパワーがあったということ(持続力が全くない)。湿度42%程度ではあまり違いを感じないということ。カビと電気代を気にして加熱式ハイブリッドを購入してみたが、なんとなくパワーに疑問がある。でも象印の加熱式より、やっぱり電気代は随分安いのだろう。

体重計を買い替えたいなと思っているが、メルカリ次第だろうか。自分が一度手に入れたいと思って、でも今はもう手放したいと思っているもの。別の誰かが欲しがっているというのは自然な事とはいえ、こんな風に実現可能になったのだなと感心する。

12月

引っ越した。まさかこんなに急展開するとは思っていなかった。複数の不動産会社を見て回って、ここでしか扱っていない物件はありますか、ぐらいの質問はしてみたかった。せめて3社ぐらいは回りたかったが、ものすごい速さで決めてしまった。

家具はゆっくり一つずつ増やしている。それが許される引っ越しだからなのもある。

人を大切にするとはどういうことだろうか。新しい出会いを求めるとはどういうことだろうか。なぜ新しい出会いを求めなければならないのだろうか。今自分はどんな人と知り合いなのだろうか。きっとそれは物と同じだ。新しいものがほしい。どうして?今のものに不満だから。何が不満なのか?何を持っているのか?どんなものが欲しいのか?ちゃんと考えていなければ曖昧なままだし、曖昧な評価基準のもとに行動してもすっきりしないことが多い。まあ動くことで気が付くことはある。

仕事に手は抜かない。

体重が減らないと言い始めて3ヶ月ぐらいになるだろうか。