相談を受けるという事

「他の何かの力を頼ってくださいっていう段階」

「なんか、あるといいんですけど。上司も最近頼りにならないし。」

「頻繁に連絡を取ったり定期的に会う友達とかは?」

「辛い時に。頼る人がいないっていうタイプではなくて、どっちかっていうと、そういうのは大丈夫。なんか困ってる人に呼ばれるみたいな。話を聞いてください見たいな事の方が多い。定期的に様子を見ておかないと、彼みたいな。あなたも、定期的にきちんと構わないと健やかじゃなさそうだし。おいしいものをあげるとか。」

「仕事の愚痴は同僚同士で言い合ってるよ。相談する相手がいないとかではないです。」

「年の近い事情を知ってる人もいるし。向こうのOL事情を聴いたりしながら。」

 

この発言が琴線に触れた。これについての怒りや悲しみをなんとか伝えたかった。俺が思違いをしてるならなんとかはっきりさせて終わりにしたかった。

でも彼は私が怒っていることそのものに怯えひどく動揺した。私が何に怒っているのか多分伝わっていない。そんな話が出来る状態じゃないのかもしれない。元気だとしても理解してもらえるかわからない。

怒りはこうだ。思い上がるなよと。そんな侮辱的で屈辱的な言い方、例え好きな人からでも怒るに決まってるだろうと。俺が怒っていることがよく分からないってどういう意味なんだ?体調も崩してるしお前の人格や人付き合いの仕方にも十分おかしなところ山ほどあるだろ。お前は周りから気を遣われたり変わったやつだと思われてるし、っていうか学生時代のエピソードからしても世間からそういう風に思われてることは明らかだろ。プライドが高すぎるのは自明だろ、まさか自覚ないのか?相談を聞いてくれと言われる、それと人に相談はしないというのは全く別の話だ。あなたの口ぶりからは、自分が高尚な人物であると認識している印象を受ける。相談は誰だって受ける。別にわざわざ明言することではない。大抵誰でも誰かの相談は受けるものだ。むしろ誰からも相談をされない人物の方がおかしい。

悲しみは、ああ、この人のプライドを崩せなかったなあという悲しみだ。まあ、私も彼を対等と思っていないのだろう。伸びきった鼻っ柱をへし折ってあわよくば感謝されたいと思っている。無理な話だ。そして、私は対等と思われていないのだなという悲しみ。

 

「考えすぎだよ」とよく言われる。これは言い換えると、「深読みしすぎ。思い込み。自意識過剰。気にしすぎ」ということだと思う。実際こういった言葉で言われることも多い。自尊心の話に返ってくるだろうか。

 

彼は、高学歴の人のプライドの高さのようなものを感じる。死んでも施しは受けたくない。施す側は気が向けば喜んでやる、そういうタイプ。頼りにされることをに強い喜びを覚えるタイプ。怒ったり否定されたり攻撃されることに極端に弱い。生活に支障を来すレベルでメンタルが崩れる。そうなると彼が自分について反省すべき点ももう全然伝わらないし、彼の何も変わらない。その人物と関わらなくなって時間が経って、接する人が変わって、また同じような案件で攻撃されて悲しむ。彼はそれが冷静な分析にたどり着かない。彼が逃げられないものが彼を追い詰めると、彼はふさぎ込み病気になる。

・・・こうしてみると、まさに適応障害というか・・・。コミュ障と呼ばれる人のドツボにはまるパターンと同じというか・・・。変えたかったんだけど、無理だったなあ。

 

きっと、自分は40年以上こういう風に生きてきた。今更ポッと出のあなたに言われて、自分の生き方を変える気はない。となるのだろうな。かなしいなあ。

 

相手の思う自己分析と、こちらの相手についての人物分析が合致しないと、だめなんだな。お互いにそれぞれの都合の良い様に認識している。それがずれていると、敬意に関して致命傷を浴びせる。それがずれると、好意もなくなるよね。

 

俺も相当プライドが高い。小学6年生がそのピークだと思う。それから中学生の部活で叩き潰されて、少しずつマシになってきた。常に、自分は傲慢な態度をとっていないか?とビクビクしてきた。「え?●●がプライド高いなんて思ったことないよ。むしろすごく心が広いというか、器大きくない?」という旨のコメントを貰う機会が定期的にあって、少しずつ、「僕、少しは、マシに、なったでしょうか。皆さんの輪の中に、混ぜていただいても、いいでしょうか」みたいな感じだ。隙あらば態度がでかくなるのではないかと今でもびびってはいる。あまり意識したことはないが、目上の人に良い意味で堂々と接して親しくさせて頂く、という形に昇華されている面はある。とても幸せで幸運なことだと思う。

 

私とあなたは、きっとそれが似ているんだね。私はあなたに、気付いてほしいんだと思う。これから30年ぐらいの人生、その方が楽しいし気楽だと思うから。でも、私の矯正が始まったのは12歳。あなたはもう、40を超えている。到底無理なのだろうね。

 

あまり個人名は覚えていないけど、まるで親の様に、自分のプライドを優しくへし折って下さった方々がいた気がする。そういった方々に出会えたことは幸運だった。そうだね、あなたはすごいよ、平均よりすごい、集団の中でもトップ層だと思う、でも、ここは、こうしてみた方が、もっとトップになれるんじゃないかな、みたいな。この人には、プライドが高いっていうか、ただ自尊心を拗らせてる面倒くさいゴミみたいなやつだってことは見え見えに見抜かれていて、それでなお俺のプライドを傷つけることなく助けてくださろうとしているんだな、こんな人が地球上にいるのか、申し訳なさと、感謝と。どこから名に向けたものか分からない謝罪を。私もこんな愛のある人物になろうと思ったし思っている。

 

「自分は、相談する相手がいないっていうタイプじゃなくて。そういうのは、大丈夫。むしろ話を聞いてくださいって、お願いされる方。」●さん、気が付いて。今のあなたは、全然大丈夫じゃないよ。少なくとも今の状態についていえば、それは、貴方自身が言っていることだし、短い付き合いの私でさえそう思うし、貴方に沢山いる親交の深い方たちから見てもそうだと思う。逆流性食道炎を再発して、布団から出たくない存在したくないと思うのは、もう完全にうつ病の始まりだ。なんでもググるあなたのことだ、調べたのだろう。あまりに医学的説明とあなたのいう症状が合致しすぎる。

あなたが心が広く、度量が広く、人の相談によく乗り、人から頼られる立派な人物であることは認める。それと今のあなたあの体調不良は別の話だ。

仕事をこなす能力不足なのかはわからない、でも多分あなたは優秀な人なんじゃないでしょうか。だとすれば今の問題は純粋に過労でしょう。それは今の状態のあなたが「もっと頑張る」で解決することではなくて、「あなたが壊れる前に医療機関から診断書を貰ってでも休養を取る」が正しい。上司にはすでに相談して頼りにならないわけだから。確かに優秀なあなたを欠いて現場は大騒ぎになるでしょうが、貴方はもう死ぬか死なないかの淵にいる。それどころではない。

もう、どうかいったん休んでください。あなたは一人でもう文字通り死ぬほどがんばっているじゃないですか。

部署が変わってラッキーだと言っていた。少しだけ思ったことですが、いろんな部署になじめずうつ病になりかけているあなたを、各部署の上司が「あいつうつ病になりそうだ、他の部署に早く移動させろ。たしか●に行きたがっていたぞ」という気遣いでまわしてくれたのではないですか。

 

まあ海外旅行の大きな魅力の一つですが、あなたが海外のいくつかの国をこよなく愛するのは、その国の魅力もさることながら、日本が生きづらいからというのが大きいのでしょうね。海外に行った時の今までのしがらみから解放されている解放感は爽やかですよね、私も海外旅行が好きです。

人の寂しさに気が付けなくなるくらいなら、俺は寂しいままでいい

ネガティブな事は基本口には出さない。悪口とか愚痴とか。まあそれは当たり前のことだ。言えば気分も引きずられるし、相手もわざわざ聞きたくなどない。しかし、だからと言って解決可能な点もあるのにそれを放置するというのはただの怠慢だ。

ただ不平不満をいいながら考えが整理されてきて勝手に解決していくのはよくある話だ。信頼のおける友人が長々と心配事や相談話を寄せてくるのは別に不快じゃない。そうだよな、俺もそれで気を揉んだり病んだりした。俺もそれで悲しかった、寂しかった。そういう思いの共有は、問題の解決に繋がったパターンが多い。

前の恋人には、そういった話をしなかった。出来なかったのではない、しなかった。彼なら絶対話を聞いてくれたと思う。でも私はしなかった。なぜか?彼なら話を聞いてくれるだろう、というその信頼関係が、何より嬉しかったからだ。俺が悩んだり考えていることがどれほど彼の価値観に照らし合わせて頓珍漢でズレた事であっても、彼は話を聞いてくれるだろうし、彼の返事を返してくれると思う。そういう人物がいるということが、何より嬉しかった。感謝の念が堪えなかったし、感謝の思いは伝えてきたつもりだ。

今の恋人にはそれが話せない。彼はなんとなくいっぱいいっぱいで、とても話せそうにない。年齢とか、職業とか、関係ないんだなあと静かに思う。つまり、今度は俺が聞く番なんだろう。でも、プライドもあるし、俺の度量もあるし、彼が俺に話したいと思うかどうか、そもそもいっぱいいっぱいである自覚があるかどうかも怪しい。関係性が破綻するのが先である可能性が過半数とは思うが、ただ黙って余計な口を挟まず寄り添えたら良いなと思う。

ああ、神様、その為の辛抱強さを私に授けてください。こんな時ばかり神頼みではいかんね。部屋の片づけでもすることにしよう。

and fool enough to think that's what I'll find.

私は今のままで十分魅力的で、愛される価値がある。

言霊とは不思議なものだ。言葉の力とは何だろう。今スピーチに関する本を読んでいる。言葉がいろんなものを変えるということについても触れられている。

スピーチは下手くそでもしなくちゃならない。

文章は下手でも書かなきゃらならない。

絵も。写真も。歌も。楽器も。下手とか、上手いとか、関係ない。やっていれば、変化してくる。技術的なものは、美味い方向にしか行き得ない。下手くそだからって、控えてても、何年たったって、上手くは絶対ならない。やりたくなったのは、少しでも好きだからだ。そこに集中していればいい。賞賛を求めたり、承認を求めるから、おかしくなるだけだ。

文章は、伝える相手が明確であればあるほど伝わりやすいという。具体的な相手を想像する。それはほとんど手紙のようなものだ。

写真について

「写真を撮ると、写真に写っているものしか思い出せなくなることもあるからね」

「つなげると動画になるくらいたくさん写真をとります」

「溜まってる写真が、ストックがいっぱいあるからさ」

毎日毎日、過去の写真をアップし続ける。

 

私は写真は思い出すきっかけとして欲しいタイプだ。もしくは見返して現在の励ましか慰めになるもの。旅に出かけた時の写真はいつも課題だ。写真がないと思い出すこともできないが大切なものがいくつかあるからだ。それのためだけに写真はある。無くても思い出せるものは撮らなくてもいい。でも一番撮りたいのはなくても思い出せるものを、さらに手伝ってくれる写真かもしれない。

写真は何のために撮るのか、人に見せることもある。自分を演出したいからか、それとも。

 

エッセンシャル。ミニマリスト。人生で今、意識的に抱えていられるものは意外と少ない。無意識なものは、雪の様に知らぬ間に積もっていくけれど、それさえ無意識に都合のよいものだけを残して、掃き掃除してしまう。

幸せなものだけ残せばいいのに、不幸なものをわざわざ残したりする。癖と言えば癖なのだが、不幸でいることが都合がいいなんて、なんだか悔しい。

 

幸せなイベントこそ細かく書いて思い起こして記録すべきだ。今のこの状況がどれほどの偶然と縁の上に成り立っているのか。思い通りにしたものとそうならなかったものが今を成している。その自分にどうしようもできない、雄大な自然を見た時のような心地よい無能感。それに身を委ねて。五感をスパークさせて、あらん限りの言葉で抽出して。

 

また一つ年を重ねた。かつての彼らの年になったり、その大切な彼らはさらに年を重ねて。

食事について

食べることは極めて重要なことだ。日常において外のものを自分の中に取り込む唯一の方法だ。医学的な方法をもってしても、血管内に直接投与する、筋肉内に直接投与するなど、足掻きがある程度で、基本的には経口で腸管を介して体に吸収する。

自分の体。きわめて興味深いものだ。筋肉や脂肪で出来ている。急速に発展した人間の化学を遥かに凌駕する調整能力で個の生命を維持している。

こんなに高機能なのにもかかわらず、我々が口かラ放り込んだものを健気に分解しひたすら吸収する。我々に出来ることは放り込むものを選別することと、放り込まないことぐらいだ。

どうか体を労わってやってほしい。

「それでもいいと慰めていた それでも恋は恋」

相手の過去をすべて知りたくなる。どういう人物像なのか、どういう価値観なのか、自分の中で分析が済まないと落ち着かない。恋人に限らない。少し触れ合う人でもそうだ。私はその理由を怖がりだからだと思っている。知らないことは怖い。知っていることは準備ができるから怖くない。

「あらゆる可能性を想定できていれば、何も怖くない。そうは思わないか?」

相手がどの国のどのエリアのどういう家族構成に生まれたか。親戚同士の付き合いは、小中高大学は。友人はいたか、今も続く友人はいるか、学業成績やスポーツは何か得意だったか。どんな集まりに参加していたか、どんな本を読んだか。大病を患わなかったか。何を大事にしているか、何が人生において重要だと考えているか、何に悲しみを覚えるか。どう自己分析しているか。寂しやや羨ましさなどの七大罪のうちどれを自覚しているか。どんな人物と恋をしたか。どんな過ごし方の恋愛をしたか、そしてそれはどのくらい続いたか。

私は相手に何を望んでいるか、それはどれほど期待できることか。

待つことが得意になりたい。世の中のすべてはあなたを含めて絶対少しずつ変わっていく。そばにあるものの影響を受ける。否が応でも、接触回数が増えるほどに影響は必ず受ける。少しずつ寄っていくし変わっていく。それをストレスフリーに待てれば、良いのだ。

「あなたの愛を信じられず 怯えていたの」

相手がどんな考えなのか、相手が何を思っているのか。どういう感情が相手の中に湧いているのか。いつ頃ころからか、それを推測する癖がついた。

なんとか保っている、あっぷあっぷギリギリの、突けば揺らせば水がこぼれてしまいそうな淵いっぱいの風呂桶。それがあなた。穏やかに過ごしたいと切に願いながら、なにか具体的な技術や趣味があれば心穏やかにブレずに軸を持って生きていけると考えて、一つ一つ増やして。それにまつわるうれしい人間関係や、まとわるだけで助けにならない関係も増えて。でもどちらかと言えばプラス。年を重ねるごとに体力も減って疲れやすくなって。それでもなんとか日々の多くをルーチン化しながら過ごして。本当は合わせてほしいぐらいだけど、仕事上相手に合わせ続ける業務内容。同じ社内部内の上司もなかなか問題を解決してくれない。日々悲しくて、日々ぐったりで。それがあなた。

ごめんね、私はそれを揺らしてはならないね。ごめん。まるでどっしりと構えて動揺もせず、愛を与えられる人間かの様に感じさせただろうか。恋人を欲しがる若者だ、私も人並、いや糸一倍愛が欲しいのだ。でも私は愛を与えることもできると思う。疲れたあなたの心を邪魔したくない。むしろ一緒にいることで癒せたらと思う。その願いはかなうだろうか。

優しい男でありたい。だから強くならなければならないと思う。自分のことぐらい自分で処理できるように。